ホワイトシードは副作用が出る?飲みすぎると白髪になるって本当?

 

ホワイトシードは副作用が心配?飲みすぎるとどんな症状が出るかを徹底調査!

 

摂りすぎると白髪が増える?実際にホワイトシードを服用した時の副作用をまとめてみました!

 

ホワイトシードは薬との併用ができるのか、生理中や妊娠中など服用できるかなど安全性に対する気になる疑問も解決!

 

 

ホワイトシードは副作用って?飲みすぎると白髪が増える?眠くなる?

 

 

結論から言いますと用量・用法を守ればホワイトシードにはほとんど副作用はありません。

 

ホワイトシードの主成分は「L-システイン」「アスコルビン酸」「リボフラビン」「ピリドキシン塩酸塩」「コハク酸d-α-トコフェロール」です。

 

でもこんな症状がある人は要注意・・・

 

  • 「L-システイン」・・・糖尿病を悪化させる恐れ
  • 「アスコルビン酸(ビタミンC)」・・・副作用はまずありません
  • 「リボフラビン(ビタミンB2)」・・・下痢、胃や腹部の膨満、食欲不振、吐き気
  • 「ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)」・・・手足のしびれ、知覚異常
  • 「コハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE)」・・・副作用はまずありません

 

しかし1日2粒の適応量を守ってホワイトシードを飲んでいれば、ほとんど副作用の心配はありません。
ただ、発疹・吐き気・嘔吐・腹痛など上の症状が出た場合は服用をやめてください。

 

そして「白髪が増える?」っていう口コミが多いんです。
これは「L-システインのメラニン色素を排出する効果の副作用」とも言えます。
なので、白髪が増えるのが心配という人は摂取量を減らしてみるということも必要かもしれませんね。
ただこれも用量を守れば、あまり気にする副作用の強さではありません。

 

ホワイトシードの1日量は3錠です。

 

ホワイトシードの効果ついてはこちら

 

 

ホワイトシードは薬との併用はできるの?

 

 

結論をいいますと、基本的に薬と併用しても大丈夫です。

 

ホワイトシードは医薬部外品で医薬品に比べ、主な目的は病気治療ではなく、予防や改善です。
ただ作用は穏やかなのですが、副作用が起きる可能性はゼロではありません。
使用上の注意をよく読んで、用法・用量を守って服用することが大切です。

 

種類によっては併用してはいけないもの、飲む時間をずらせばよいとされるものなど、飲み方にもいろいろあります。
処方薬を飲んでいる方は、ホワイトシードを買う前に医師や薬剤師に相談して、アドバイスを受けるほうがいいでしょう。

 

 

ホワイトシードは生理中も飲めるの?妊娠中や授乳中は?

 

 

医薬部外品は基本的に妊娠中・授乳中でも服用することは可能とされています。

 

もし服用される場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。

 

製品はGMP(医薬品および医薬部外品の製造管理および品質管理の厳格な基準)取得の工場で製造されています。
また、製造・販売後も有効性・安全性の確認が実施されています。

 

なので、体調が悪くなったりいつもと違う症状などが出た場合以外は服用しても問題はないかと思います。

 

 

まとめ

 

 

ホワイトシードは用量・用法を守れば、ほとんど副作用の心配はない
過剰摂取しなければ、白髪が増えることもない
基本的に薬と服用してもよい(心配な場合は医師に相談を)
妊娠中、授乳中にも服用可(心配な場合は医師に相談を)

 

というわけでホワイトシードは医薬部外品ということもあり、薬などに比べて副作用の可能性も低いようです。

 

お医者さんで推薦されている方もいらっしゃるので、安心して服用して問題ないと思います。

 

もし、体調が悪くなったときは服用を中止しましょう。

 

ホワイトシードの口コミはこちら

 

 

▼ホワイトシードの最安値はこちらをクリック!▼